引っ越しましたー

タクドラtakuoの雑念 はてブロ http://takuo.hatenablog.jp/ That blog is written by Japanese.

4/30/15

親指シフトを導入してみるよ。の巻。

親指シフトを導入してみるよ。の巻。


 前々から頭の隅には存在していた『親指シフト』というキーワード。聞いたことはあっても調べることは殆ど無かった。10年前ぐらいに調べた時には専用のキーボードが必要で、そのキーボードが高価だったので諦めて、それ以降触れることは無かった。ところが、ここに来て、がぜん興味が湧いてきたのだった。きっかけはこちらのポッドキャスト。



#094: 法律学者?写真家?Appleフリーク?Shiology塩澤一洋先生に聞く新しいMacBookとApple Watchと先生のこだわり – backspace.fm






 テック系ポッドキャストで群を抜いて知識やギーク度、何より第一線で活躍する方々が登場するすごい番組。そこでパーソナリティのドリキンさんとゲストの塩澤さんが新しいMacbookのキーボードの話から様々なキーボードの話、入力の話が出て、そこで親指シフトと変換効率という話に。


文章を書くときの文字の変換効率



 今まで考えたこと無かった。考えてみれば、今使っているローマ字入力は確かに変換効率が悪い。一文字を打つのに必ず2回キーを打たなければならない。確かにブラインドタッチはできるから、今のところ不自由はしていないけれど、10文字打つのに20回キーを叩くより10回になれば、効率もいいし、何より時短にもなる。

キーボードとの付き合いを振り返ってみると……



 そもそも、キーボードに最初に触れたのはもう25年前ぐらい。それ以前の小学生時代にもギークなおとんのおかげで、ソフトがカセットテープのコンピュータで麻雀とかトランプゲームみたいなのをキーボードで遊んだりはしていた(当時はマウスとか無かったね)が、ファミコンの方が断然面白かったので、そちらにあまり興味は行かなかった。

 キーボードを叩き始めたのはうちにワープロが来て、本が好きだった私は自作小説を書きだしたあたりからだ。有りがち過ぎる中学生時代w

 その時はかな打ちで、5行ぐらいしか無いバックライトもついていない液晶とにらめっこしながら、シコシコ痛い小説を書いていたもんだ。

 その後、大学でPowerbook520を買わされた時にローマ字入力を授業でやらされて、ブラインドタッチも覚え、今に至る。あの当時と比べれば、文字入力速度も落ちた。なので、頭の体操とブログをたくさん書くための変換効率アップを目指して親指シフトを導入してみようという流れです。



そもそも親指シフトとは……?


親指シフト - Wikipedia



親指シフト(おやゆびシフト)とは、日本語の「かな」を入力するため、1979年(昭和54年)に、富士通が考案したキー配列規格の一種である。ほぼ同時期に確立したQWERTYローマ字入力や、それ以前から存在したJISかな入力などと同様に、親指シフト規格は「かな漢字変換」のためのかな入力手段(日本語入力)として使用される。



  ということで、日本語入力に特化した形式。ワープロで小説家の方でも愛用していた人が多かったはず。PCが台頭してきて親指シフトのワープロが無くなると困るので何台も予備をストックした方がいたとかいう話はネットをググれば出てくる話。



親指シフトを導入してみよう!


NICOLA 日本語入力コンソーシアム (公式)




 こちらのサイトを読めばだいたいわかる。


『やまぶきR』をインストール


やまぶきR: やまぶき作ってます




 こちらのソフトをインストールしました。配列はまったくわからないのでとりあえず『NICOLA(文字直接入力).yab』を使用。うひゃ、まったくわからん……

 まずどのきーがどのもじにたいおうしているのかをおぼえなければいかんわけだがてんてん

 今はローマ字で入力しているわけだが、やまぶきRを有効にして上の文章をローマ字打ちしてみると

 そう.ちねてつめつきく-せうてつめつそつとくめくさうくつちしくさたくこちめつきうかつつへつためうきたこたへうくきうめめかうきたてうせうさためさため

 これだけの量の差があることがわかる。でも、文字配列覚えてないからまだ使えない……しかも、キーボードに書いてあるわけではないのでわからん……暗号でブログは書けない……



美佳のタイプトレーナ 親指編 Ver2.02 をインストール



美佳のタイプトレーナのホームページ






こちらのサイトからタイピング練習ソフト『美佳のタイプトレーナ 親指編 Ver2.02』をインストール。





 こんな感じで練習できる。でも、ダメだー まずは文字の場所と親指を押しながらの法則を覚えないと……(ここはローマ字打ちです)

表を探さないと……



親指シフトのNICOLA配列表を改良してみた - プログラムとかののblog





 おぉ、これはいい!プリントアウトするか……ん


熱い!親指シフト 飛鳥カナ配列!!!



飛鳥開発完了宣言 (決定版「飛鳥」&「飛鳥123」公開)|飛鳥カナ配列 ☆未来の子供たちへの贈り物☆



 ちらっとのぞいただけでも熱い……!文字入力に親指シフトにここまで心血注いでる人がいたのかっ!そして、それが『やまぶきR』のデフォルトになっていたのね!素晴らしい!ならば、それで行こうじゃないかっ!



 ということで、『やまぶきR』で『飛鳥123』配列で親指シフトにチャレンジします!あ、ということはタイピングソフトは無意味だ…… ┐(´д`)┌



 まずは配列を覚えつつ、文章を書く練習だな…… この記事書くのに4時間か…… 文字入力関係ない!!!調べつつ、書いたらそんな感じだね……








1 comment :